箱根神社

箱根神社

上庄屋石原にのぼっていくと田んぼの中に小さな社を見掛ける。箱根神社である。
慶雲二年(705)に彦山の修験者、善幢鬼という人が万年山から降りて来て、一夜の宿を農家の納屋にかりたが、夢に箱根権現の神託を受けて社を設けたと伝えられている。
玖珠郡内最古の由緒を持つ神社である。
(著者河上清久 玖珠川散歩より抜粋)

参考サイト