寺山のツツジ
玖珠町塚脇にある寺山には、多くのツツジが植えられています。
民話伐株物語では、へくそかずらの精に教えられ、樟の木の切屑を燃やした
灰の山がこの寺山だという言い伝えがある山です。
展望のよい中腹には、玖珠の偉人長野小六翁を讃える碑が建立されており、
山頂には塚脇地区の氏神様、万年神社が奉られ地区住民から大切にされています。
写真をクリックすると、寺山のおこりという由来を読むことができます。