電話&FAX: 0973-72-1511

イベント情報

29年度玖珠地区コミュニティ視察研修旅行

平成29年12月6日(水)にコミュニティ役員

及び各団体の役員20名で朝来サポートセンタ

鈴鳴荘に訪問しました

続きを読む...

29年度人権視察研修

玖珠地区人権推進協議会は視察研修訪問しました。

続きを読む...

只今のお客様

ゲスト 4人 と メンバー0人 がオンラインです

玖珠地区人権推進協議会は視察研修訪問しました。

 

玖珠地区人権教育・啓発推進協議会では、あらゆる人権問題の解消を図る

ための教育・啓発活動の一環として、8つの人権問題の一つである「子供の

人権」について平成29年11月8日(水曜日)大分県中央児童相談所と

大分県立二豊学園視察を訪問しました。

児童相談所では、子ども(18歳未満)の福祉に関する様々な問題について、

家族や本人から相談を受け付けています。調査・診断・判定の上、子どもや

家庭にとって最も効果的支援を行う児童福祉機関であり、子どもの福祉と権利

擁護を図る事が目的である。相談所は、市町村支援・相談・一時保護等の機能

を発揮する。入所した子ども達の「生活リズムを取り戻し、過去を振り返りこ

れからの事を考える機会」を設けることのより変化が生じて地域に戻る子ども

達も多いので退所後の地域支援と地域での見守りが大切であるのではとないか

と感じました。

全寮制の児童自立支援施設「二豊学園」では、不良性や家庭環境の問題を抱える

18歳未満の子どもの自立を支援する施設です。園内には、寮と学校施設があり

県内各地の中学生男女16名が在籍している。自立支援には、「児童への支援」

「家庭への支援」、「退所後の支援」を基本に家庭と総合的に支援する仕組みづ

くりを確立している。部活動では、今年の夏、自立支援施設を対象とした全日本

少年野球大会に九州代表として、出場した。部員は中学1~3年の8人で、部活

動を通じて仲間との助け合いや目標達成の喜びを経験しながら成長している。

子ども達が、退所後に家庭や地域に適応し自立を目指して成長できるように各関

係機関や地域との連携や支援が必要になってきます。二か所の視察研修で私達の

知らない問題が沢山あることを学びました。